パスタやカレー、サラダなど大雑把な記録でもかまわない


ダイエットダイアリーの注意点について
実際にダイエットダイアリーを使ってダイエットする場合に注意することがいくつかあるようです。
毎日ダイエットダイアリーをつけることが重荷にならないように注意したほうが良いでしょう。
ダイエットダイアリーは正確に書いてこそ効果があるものです。
とはいえストレスを感じるほど詳細に書くことにこだわると継続するのは不可能です。
自分のタイプを考慮して、食事内容を書くにしてもどの程度まで書くか考えるようにしたほうが良いでしょう。
例えば、食べた食材を細かく書くのが面倒ならば、パスタやカレー、サラダなど大雑把な記録でもかまわないのです。
気分によってもう少し、細かく書けるようであれば、量やカロリーなども追加したり、サラダもどんな材料が入っていたかを書くようにしてみましょう。
さらにダイエットダイアリーを使うときに要注意なのが、うそを記入するのをやめるということです。
どんな人でも、たとえダイエット期間中でも、疲れてしまって運動しない事や、チョコレートがどうしても食べたくなって、食べてしまう事というのは当たり前のことです。
ついダイエットを怠けてしまった時でも、ダイエットダイアリーには、正直に記録を残すようにしましょう。
ダイエットは、自分に嘘をついていてまで継続することはできないといえます。
ダイエットは自分の為にしていることで、他人の評価を気にするものではありません。
自分にうそをついて、記録を残してもダイエットには役立ちません。
自分に正直になり、ダイエットダイアリーには、正確な記録を残すことが、ダイエットの成功には必要なことなのです。






自分の食事内容や運動などを振り返る
パスタやカレー、サラダなど大雑把な記録でもかまわない
期間を決めてじっくりとダイエットに取り組む
食事内容やカロリーの消費量を管理


(C)食事内容やカロリーの消費量を管理