自分の食事内容や運動などを振り返る


ダイエットダイアリーの使用方法
どのような使い方をしてもダイエットダイアリーは役立つと言います。
基本的に書いていくのは、毎日同じ時間に測る体重、食事内容、運動による消費カロリーと基礎代謝などだそうです。
おやつなど間食も含めて、口にした食べ物の全てを書き込みます。
記録したダイエットダイアリーを見直して、確認してみる事も大切です。
自分の食事内容や運動などを振り返ることが、ダイエットダイアリーの役割を果たすことになります。
無意味なのは書いただけで終わってしまうことです。
もしできるならば、自分が食べたもののカロリーなども調べる事ができると、さらに効率的です。
ダイエットダイアリーに、毎日書き込む事によって、過食を防止したり、積極的に運動しようと言うモチベーションアップにもつながるのです。
ダイエットにとって、続けるということが一番困難だといえます。
しばらくすると停滞期に入りますので、ダイエットを始めたばかりのころは、体重が少なくなるのでやる気が続くかもしれませんが継続は大変です。
停滞期は長い人だと1ヶ月ぐらい続く事もあるそうです。
けっして少なくないのが、ダイエットの停滞期に挫折して、ダイエットをやめてしまう人です。
ダイエットの停滞期こそ、さらに体重が落ちるチャンスなのですが乗り越えるのがかなり大変なのも事実です。
ダイエット経験のある人ならば、こういう経験も多いと思いますが乗り越える為にもダイエットダイアリーは有効なのです。






自分の食事内容や運動などを振り返る
パスタやカレー、サラダなど大雑把な記録でもかまわない
期間を決めてじっくりとダイエットに取り組む
食事内容やカロリーの消費量を管理


(C)食事内容やカロリーの消費量を管理